象徴的な574のシルエットを再リリースした後、New Balance。

2018年の次の偉大なチェックポイントは、ブランドの最も象徴的なカラーパレットにあわせた「グレーデー」とする。

1980年代初めに100ドルのランニングシューズを時代を超越した990モデルで紹介し、鮮やかなネオンのデザイントレンドに逆らって灰色中心のカラーパレットでリリース。ランニングシューズ市場でシェアを得た。

ニューバランスは3月15日(木)に「グレーデー(Grey Day)」で過去を称え、574はこの祝典で大きな役割を果たす予定だ。

ニューバランスは574を「グレーデー」の最優秀賞に位置付け、いくつかの異なるカラーウェイを付属させる。

990の元の色彩に触発された574の “グレイのレガシー”版ですが、それには留まらない。

ニューバランス1300JPからの象徴的な灰色/青色のテーマも賞賛している。さらに「クラシックグレイ」のテーマはカジュアルシューズにも同様に影響する。

ニューバランスの「グレーデー」は3月15日の木曜日だ。

Sneakernews さんより↓

https://sneakernews.com/2018/03/13/new-balance-grey-day-sneaker-releases/

関連記事

ナイキ エアヴェイパーマックス95ネオンの転売価格は2万円強と定価ラインか

8月16日発売、エアヴェイパーマックス95ネオン、売れる自信がないといえる理由

エアヴェイパーマックスと、エアマックス95オレンジがそんなに人気過熱しないたったひとつの理由

オフホワイト×ナイキをカスタムしたら本当にカッコいいのか?まとめ

ハイカットスニーカーのコーディネートまとめを作って気づいたこと

ジョーダンレガシー312のプレ値は2万円前後か